MINIPEX2019
第17回 絵画切手展作品集

開催期間: 令和元年6月22日(土)〜23日(日)
開館時間: 10時30分〜17時00分
開催場所: 切手の博物館3階スペース1、及び2


このCDの使い方
1.初期画面で左フレームは作品一覧です。作品を選びクリックすると当該作品に移ります
2.左フレームからはフレーム単位、リーフ単位の表示が得られます。
  フレーム単位で番号を選ぶとフレーム内展示のリーフ全体を見ることができます。
  見たいページの数字を選ぶか、フレームのページ上をクリックすると、ページ単位で見ることができます。
3.ページ単位の表示でリーフ部分をクリックすると、リーフの最大表示になりますので、切手の細部や書込の文字も鮮明に読むことができます。
4.オートランで動作しない場合は、index.htmlファイルをダブルクリックして機動して下さい。

このCDについて
 JPS絵画切手研究会として17回目のミニペックスを開催することができました。これを記念して展示作品を収録したCDを制作することとしました。
 「第17回 絵画切手展」のCDは、次の通りとしました。
(1)スキャンの解像度を150dpiで統一、画像の横寸法を1000pixcel以下に設定し、PC画面の解像度1024×768では縦スクロール操作だけで閲覧可能としました。
(2)展示目録から作品名を選ぶと左サイドに作品名、出品者、メニューが表示されます。右サイドには出品者の作品概要などコメントが表示されます。
(3)メニューのフレームを選択すると、指定されたフレーム(16リーフ)が表示されます。また、リーフNoを選択すると、指定されたリーフが表示されます。
(4)リーフの提示はフレーム単位ではサムネイル、リーフ単位では画面の横スクロールなしで見られる程度に圧縮をしています。
(5)作品について、リーフ番号順に「スライドショー」で自動表示することもできます。ただし、ブラウザはIE5.0以上でご覧ください。

 なお、ミニペックス開催を記念して小型印をパソコン郵趣研究会に所属の澤口尚子さんにデザインを依頼し制作しましたが、この作品も収録をしています。    
 絵画切手研究会のメンバーが作成した作品を多くの人に見て頂くと共に、作品の構成、郵趣材料の選定、リーフ作成の方法など、今後の作品制作の参考にして頂ければ幸いです。 

お断り
展示作品の著作権は出品者に有ります。展示作品を切手愛好家に見て頂いくために、出品者の承認を得てCDを作成しました。これらの作品の一部または全部を複写して販売または配布することは予め出品者に文書による許可を得ないと、著作権法に抵触しますのでご注意下さい