財団法人日本郵趣協会

絵画切手部会

 絵画切手部会規約

第1条(名称)
 この部会を、「(財)日本郵趣協会絵画切手部会」という。

第2条(目的)
 この部会は、財団法人日本郵趣協会(以下「協会」という)の目的(寄附行為第3条)に基づき、
絵画切手に関する郵趣を普及し促進発展させることにより、部会員の収集水準の向上を図る
こと、及び部会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第3条(運営)
 この部会の運営は、原則として協会部会規約に定めるところによるものとする。

第4条(事業)
 この部会は次の事業を行なう。
  1.会報の発行(年12回)
      2.切手展、研究会の開催(切手類および参考品の入手、交換等)
  3.絵画切手等に関する情報の交換
  4.総会及び例会の開催
  5.その他必要な事業

第5条(会員)
 この部会の会員は協会の会員で構成し、所定の手続きによって世話人会が承諾したものとする。
ただし、本部会員の過半数を超えない範囲で、協会の会員でないものを準会員として入会を認める
ことができるものとする。
ただし、準会員は財団法人日本郵趣協会部会規則第4条に定めた設置基準の会員数には含め
ないものとする。

第6条(会費)
 この部会の会費は、年額2,000円とし、会計担当に前納する。
なお、会費は納入があった時から1年単位とする。
また、前納された会費は原則として返還しない。

第7条(入会)
 この部会に入会を希望する者は、会費を添え所定の手続きにより世話人会に申し込むものとする。
必要に応じ、例会及び臨時会は出席者から別に会費を徴収できるものとする。

第8条(総会)
 この部会は毎年11月に1回総会を開くものとする。総会は会員をもって構成し、その運営は協会の
諸規定に準拠する。
総会は1.役員と会計監査の選出、2.事業活動の承認、3.規約の改正 などを行なう。
なお、総会は世話人会がその必要を認めた場合、年数回開催できるものとする。

第9条(役員)
 この部会には次の役員を置くこととし、その任期は2年とする。ただし再選はこれを妨げない。
なお、会計監査役以外は兼務することを妨げない。
  1.代表世話人 1名    4.会計担当者 1名
  2.連絡担当者 1名 5.会計監査役 1名
  3.会報担当者 1名

第10条(年度)
 この部会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、同年12月31日に終わる。

第11条(決算)
 この部会の決算は、毎年、会計年度終了後に行ない、部会報に掲載する。

第12条(規約)
 この部会の規約は2000年1月1日より発効するものとする。また、規約の改正は総会において
行なうことができることとし、改正内容を部会員に通知する。

第13条(退会)
 この部会からの退会は、世話人に所定の手続きにより申し出ることにより退会できるものとする。
その場合は納入済みの会費は返却しないものとする。

第14条(部会員資格の取り消し)
 会員が次の各号の一に該当し、会員として不適当と認められた時は、会費の有効期限内であっても、
部会員の資格を取り消すことができるものとする。
  1.この部会の規約に違反した時
  2.この部会員としてふさわしくないと認められる行為があった時
  3.正当な理由なく、この部会の会費を滞納した時

                                                                                 以上

(2000年1月1日制定)